ユーティリティの選び方とは難しいもんだ。

本ページはプロモーションが含まれています

ユーティリティの選び方は難しい
※イメージ

こんにちわ、たっぴーです。

突然ですが、私ずっとユーティリティ難民でした。

上手く打てるユーティリティがなかなか見つからず、中古や新品等、打てそうな物を買っては売り、買っては売りをかなり繰り返していました。

どれも合わないユーティリティ

どれも合わないユーティリティ

まず、ウッド型ユーティリティはどうしてもリーディングエッジが前に出ていて、気持ち悪く打てないのです。

アイアン型ユーティリティは難しくて、これも打てません。

そうなると、ウッド型で少しグースになった物が良さそうなのですが、なかなか合う物に出会えませんでした。

今、記憶をたどると思い出すのは、2010年型ダンロップ スリクソン ハイブリッド。

これは顔は良かったのですが、シャフトがハードでした。

それからダンロップ ゼクシオ テン ハイブリッド ミヤザキモデル。

また、2020型ゼクシオ エックス ハイブリッド等使いましたが私にはダメでした。

スリクソンは顔は良いのですが、シャフトがハード。

ゼクシオはシャフトは良いのですが、顔が私には合いません。

でも、今思えばユーティリティーの打ち方もわかってなかったようです。

最近ユーチューブで、ユーティリティーの打ち方についてよく出ていますね。

なるほど!!

と、思って見てます。

出会えた1本は「ダンロップスリクソンZXハイブリッドユーティリティ」

出会えた1本は「ダンロップスリクソンZXハイブリッドユーティリティ」

そして、ついに昨年出会えました。

それは、ダンロップスリクソンZXハイブリッドユーティリティです。

ツアープロとスタッフの力を集結して開発。
「REBOUND FRAME」で飛距離性能と方向安定性をさらに高めた
スリクソン ZX ハイブリッド。

出典:ダンロップ公式サイトより

まず、顔が少しグースになっていてリーディングエッジがシャフトから前に出ていません。

シャフトも純正カーボンのRなら何とか打てます。

今までで、一番打ちやすく感じます。

やっとユーティリティ難民から解放されました。

ここに至るまで苦節10年かかりました!

今日は以上です!